軽トラと一見順調な私

今日はソメイヨシノクスノキハナミズキ、コブシ

 

f:id:fukusk33:20181017182102j:image

 

今週から、会社の軽トラを運転するようになった。

 

免許取ってから運転したことが一度も無かったのに、初めての運転が会社の軽トラで最悪だった。

 

しかし車の運転が出来なければこの仕事はどうにもならないので、頑張って慣れるしかないのだ。

 

初めはエンジンのかけ方すら分からなかったけど、取り敢えず今のところは事故らずにいる。

 

あと、最近イモムシ大丈夫になってきた。克服が早すぎる。

 

害虫駆除の仕事でなくても、草むらや緑地に入ってけばウニョウニョ動いてる「ヤツら」を毎日見かけるものである。そこでいちいちビビっていても仕事にならないし、逃げるわけにもいかないので、脳みそが諦めて適応していったのだと思う。

 

入院中、死ぬほど注射が苦手な俺が点滴の針には意外と恐怖を感じていないのに気付いた時も同じことを思った。人間の身体はストレスなく環境に適応できるように上手くできているようだ。

 

ところで、この仕事を選んだ一つの大きな要因は「残業が基本ないこと」である。ほぼ毎日18時前に終わる。夜中にチェーンソー使ってる人いたら怖いじゃん?

 

すなわち、俺が今もっとも重視しているバンド活動や絵を描いたりなどのクリエイティブな活動に割く時間が毎日確保されているのである。

 

当然、ドカタ仕事なので一般的な会社員よりは仕事後の肉体的な疲労は重いと思うけど、時間は確実に確保されている、というのが何より大事だ。

 

そのお陰か、先週のスタジオ練では喉の奥に引っかかった小骨のようにずーーーっと展開のさせ方に悩されていた曲2つがようやく完成し、次のステップに進めるようになった。

 

一昨日の夜、先日スタジオで録った録音を聴いているうちになんだか嬉しくなってきてしまい、特に用もないのにメンバーに電話をかけた。

 

「なんかこれから始まってく気がするな。」みたいなことを喋った。酒飲んでたからちょっとクサいことも言った。

 

今のところ、身の回りのいろんなこと(お金以外)が順調に進んでいるように思える。

 

なにかやらかして落とし穴にハマらないように気をつける。

 

f:id:fukusk33:20181017182738j:image

 

特に面白くない日

今日はケヤキプラタナスクスノキ、アンズ、ムクノキ、エノキ

 

「車の上に葉っぱが積もるから、駐車場側の枝だけ全部切ってほしい」との依頼

 

落葉樹を植えといて葉っぱを落とすなとは、人間とは随分勝手な生き物である。

 

しかし、樹木自体に問題はなくとも、人々の暮らしやすさのために木を切るのも大事な仕事

 

プラタナスの枝は切ると玉ねぎみたいなにおいがして臭かった。

 

クスノキは清涼感のあるいい香りがした。若い枝はキュウリみたいに緑色で野菜みたいな見た目をしていた。

 

アンズは可愛い名前で実も美味しいのに枝はやたらトゲトゲしてて痛かった。かわいい子にはトゲがある。

 

今日は特別面白いこと無かった。

最悪虫

今日出会った木はイヌシデ、サワラ、コナラ、ヒサカキシラカシ

 

複数の緑地を回ったので他にも名前の分からない樹木は山ほどあったけど、仕事中に一つ一つ木を調べて同定していけるような時間と体力は到底無かった。

 

今日やった複数の仕事のうちのひとつに、緑地調査と呼ばれるものがあった。

 

市内の緑地に生えている木のうち、枯れたり折れたり伸びすぎていたりで剪定や伐採の必要がありそうな木の幹の太さを測定し、記録するものだった。(このデータが今後どう使われるのかは知らない)

 

「崖崩れ注意。立ち入り禁止」の看板を乗り越え、急な斜面を木の根っこを掴みながらよじ登っていくのは少年心(Boy's Spirit)をくすぐられ楽しかった。

 

f:id:fukusk33:20181010215254j:plain

 

今日最後の仕事は個人宅の毛虫駆除。これを告げられた時はその場で退職しようかと思った。

 

何を隠そう俺は大のイモムシ嫌い。昆虫全般は大丈夫だけど、イモムシだけは本当にダメ。山をうろつくのは大好きだけど、一匹でもイモムシを見つけてしまったら速攻で下山するくらい苦手。

 

あの意味不明に気持ち悪いビジュアル。ちょっとつまめばすぐ体液を吹き出しながらペチャンコに潰れそうな脆いボディ・・・

 

どうして毛虫が大量発生していると分かっている場所にわざわざ行かないといけないのだ????

 

いや、そんなら造園の仕事なんかするなよという真っ当なツッコミが全方位から聞こえてきそうである。

 

・・・・・・・忘れてたんだよ!!!!!!!!!

 

採用決まって働き出す直前に思い出したんだよ!!!!!!!!!!

 

「あれ!?!?そう言えば俺イモムシ超苦手じゃん。そういう仕事きたらどうしよう。まぁ、ゆーて公共の仕事がメインだって言うし、俺が行くことはないかな。」

 

まさか2日目に来るとは思わなかった。この仕事をナメていた。

 

そして、結果から言うと、今日はなんとかなった。耐えた。職務を全うした。

 

自分の靴やズボンに落ちて来た毛虫が這うという最悪 of 最悪な状況も仕事中に分泌される変なアドレナリンによってどうにか誤魔化すことができた。それができなければ、自分で別の業者を呼んで代わりにやってもらうところだった。

 

しばらくこの仕事を続けていれば、イモムシも気にせずにいられるようになるだろうか?

 

家に帰ってから「そういえば今日駆除した毛虫はなんて名前だったんだろう。ササに付いてたな」と余計な知的好奇心を沸かせ検索してみると、タケノホソクロバという虫がすぐにヒットした。

 

そして、二度と見たくない奴らの画像が大量に表示され、ディスプレイを叩き割るところだった。

 

しばらく害虫駆除の仕事は来ませんように・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不適合者とアカマツの流血

 今日から庭師になった。

 

 なんで?と聞かれるけど、スーツ着たくないとかビジネスマナー覚えたくないとかデスクワークやだとか、ひたすらイヤなことから逃げていれば人は自然と庭師に行き着くものなのだ。

 

 絶対向いていないと分かっていながら、食わず嫌いはダメだろうと今年の1月から始めたサラリーマン生活。(サラリーマンと呼ぶには特殊な業界だったけど)

 

2年は頑張って続けてみようと思っていたけど、俺にそんな忍耐力と協調性は無かった。8ヶ月で辞めた。

 

「昼休憩いってきます」って言って、そのまま家帰って辞めた。

 

ダメなのだ。毎日革靴履くとか、社長が来たらピシッと立ち上がるとか、「こういうやり方だから」と明らかに不効率なルーチンを言われた通りに飲み込むとか、いわゆる「社会人」として当たり前のことがどうしてもできない。

 

気まぐれで自己中心的な性格ゆえに、自分が大事だと思えること以外にどうしても従うことができないのだ。

 

きっと病院にいけば何かしらの病名を告げられると思う。お医者さんが「現代日本で生きるのに向いてないから死んだほうがいいですね」と安らかに死ねる薬を処方してくれるに違いない。

 

そんな完全に社会不適合者な俺がやりたいと思えた数少ない職業の一つが造園業(庭師)である。

  

植物や樹木は造形や生体が神秘的。いい香り。名刺とか渡してこない。くだらない人生論を語ってこない。

 

そんな魅力的すぎる自然に関する知識を身につけ、仕事として活かせるような資格の一つに「造園施工管理技師」という国家資格があることを知ったのが約3週間前。

 

その資格を受験するためには最低でも2級には1年半、1級には4年半の実務経験が必要であり、とりあえずはその資格を取ってみようと造園の会社に入社した。

 

膨大な量の植物や樹木に関する知識を蓄えなければならないため、仕事やプライベートで直接触れた植物などの備忘録として使おうかとブログを始めてみた。三日坊主になる気しかしないけど始めてみた。

 

記念すべき初日にふれた木はアカマツソメイヨシノ、イロハモミジ、ゴールドクレスト、ゲッケイジュ(月桂樹)。どれも先日の台風によって折れたり倒れたりして剪定や伐採の必要があった木だ。

 

最初の仕事は、中学校の校庭で折れたアカマツを抜根した後に大きく凹んだ地面を平す作業。新しい砂で凹んだ部分を埋めたりする前に、ところどころに生えている赤ちゃんアカマツを切らなければならない。

 

社長に買ってもらったおニューの剪定バサミで小さい木の根元に刃を入れる。すると、樹皮からジワっと血のような液体が染み出して来た。

 

驚いて断面を見てみると、アカマツの樹皮のすぐ内側から円を描くように赤い液体が滲み出ていた。この液体を専門用語でなんというのか知らないが、アカマツの「アカ」の正体であることは明らかだった。

 

「生きてたんだなぁ」そんなバカな感想を抱きながらダンプカーに枝を放り込んだ。

 

そんなこんなで俺の新しい人生はスタートしたのだ。

 

今日ほかに印象に残ったことといえば、剪定後の月桂樹の葉っぱからやけにスパイシーでいい香りがしたこと。

 

調べてみると、葉にシオネールという芳香成分が含まれており、香辛料として利用されているらしい。またアルコール吸収抑制作用が認められ、欧州では毎朝2枚の月桂樹の葉っぱを食べると肝臓が強くなるという伝承療法があるとのこと(全部Wikipediaに書いてあった)

 

さっそく葉っぱをムシャムシャ食べてみようかと思ったが、初日からヤバイやつだと思われたくなかったので止めておいた。